社員インタビュー
矢澤さやか Sayaka Yazawa
巡回監査部 2017年入社

事務所全体で、新人の私をきちんと
育ててくれようとしている。
ここを選んで本当に良かったと実感。

私の就職活動

もともと数字が好きで、パズルを解くような感覚がある簿記に興味を持ち、大学でも会計学を専攻しました。就職にあたっても、学んだ簿記会計の知識が活かせる仕事がしたいと考えていましたが、一般企業の経理職はオフィスでずっとパソコンに向き合っているイメージがあり、自分に向いていないんじゃないかと感じて……。私は人とコミュニケーションするのが好きで、簿記会計の知識を武器にいろんなお客様に直に接してコンサルティングするような仕事をしてみたいと考え、会計事務所を検討するようになりました。

入社のきっかけ

就職活動中、インターンシップを行っている会計事務所を探していたところ、出会ったのがネットワーク渡辺でした。こちらのインターンに参加したところ、若いスタッフが多くてオフィスも賑やかで、それまで抱いていた会計事務所のお堅いイメージとはまったく違う雰囲気でした。また、こちらでは個人単位ではなくチームプレーで仕事を進めていくとのことで、そうしたカルチャーにも惹かれました。少人数の採用なので教育研修も丁寧だとうかがい、ここなら大きく成長できそうだと感じて入社を志望したのです。

新人研修について

入社後は、2カ月間に渡ってみっちりと新人研修を受けました。ビジネスマインドやスケジュール管理など、社会人として求められる基本的なスキルを学ぶ研修に始まり、簿記や税法などの専門的な知識もしっかりと学習。そして3カ月目からは、午前中は座学の研修を受け、午後は配属になったグループの上司と一緒にお客様のもとに訪問。そこで上司の業務をサポートすることで、徐々に巡回監査の仕事を覚えていきました。副社長や部長の顧客訪問に同行することもあり、事務所全体で育ててもらっている感じです。

現在の仕事内容

まだ入社1年目なので、上司が担当している規模の大きな医院のお客様の巡回監査に同行し、帳簿チェックなどの業務の一部を託されて経験を積んでいるところです。まだまだ勉強中ですが、お客様の帳簿で疑問を感じたことを上司に報告すると、『今度訪問した時に矢澤から先生に確認してみて』とお客様との折衝を任せてもらえることも。後で上司から『いまの聞き方は良かったよ』と褒めていただけると、とてもうれしいですし、そうして自分ができることが少しずつ広がっていることにやりがいを感じています。

職場の雰囲気

私の教育担当であるいまの上司には本当にお世話になっていて、絶えず「何か困っていることはない?」と気にかけてくださります。スケジュール管理が苦手だと相談すると、「このアプリが便利だよ」と教えてくださったり、また私が仕事でミスをしてしまった時も感情的に怒るようなことは絶対になく、その原因をきちんと分析して同じミスを繰り返さないように指導してくださります。入社してから「仕事が嫌だ」などと思ったことは一度もありませんし、本当に恵まれた環境でキャリアを積めていると思っています。

これからの目標

まだ私はアシスタントとして上司の巡回監査に同行している毎日ですが、上司からは「半年後にこのお客様は矢澤に引き継ぐから」と言われていて、もうすぐ独り立ちする予定。自分のお客様を持つのは楽しみですし、上司や先輩方に聞かなくてもお客様からの相談に応えられるようになりたいと、仕事への意欲がさらに湧いています。そして、これから入社する後輩たちから頼られ、いまの上司のようにきちんと育てられる人にもなりたい。また税理士試験にも挑戦しており、早いうちに資格も取りたいと思っています。

入社を志望される方へのメッセージ

ネットワーク渡辺は、早いうちからいろんな経験ができる機会を与えてくれます。副社長をはじめとする上層部の方々からも、私たち新人をしっかり育成しようという姿勢が感じられて、副社長が自ら「時間があればお客様のところに一緒に行かないか?」とよく声をかけてくれます。そうしたチャンスを貪欲につかんでいけば、きっとすぐに成長できる。大手に入社した友人からは「研修がつまらない」とか「上司が怖い」とかネガティブな声もよく聞くので、ここを選んで本当に良かったといま心から感じています。

1日の仕事の流れ
Schedule of the day

8:00
出社

社内の清掃、メールのチェック、上司と打合せ。

9:00
研修

同期の皆で、ビジネスマナー、税法などの研修を受ける。新人研修が手厚いのも当社の特長のひとつ。

12:30
ランチ

同期や先輩方と近所のカフェへ。

13:30
社内業務

担当している顧客へ持っていく資料の準備や、上司から依頼されている業務を進める。

18:30
退社

そのまま帰宅することもあれば、同期や先輩方と食事に行くことも。