社員インタビュー
村上 貴洋 Takahiro Murakami
事務コンシェルジュ 中小企業診断士 2015年入社

お客様に寄り添って問題解決する
経営コンサルティング事業を、
ネットワーク渡辺の新たな柱に。

入社までの経歴

私は新卒で電機メーカーに就職し、情報システム部門や人事総務部門などでキャリアを積んだ後、情報通信機器メーカーに移籍して海外営業に携わりました。しかし、会社の経営方針が変わって海外事業から撤退することになり、転職せざるを得ない状況に。その際、今後のキャリアにおいて何か自分の強みとなる専門性を身につけたいと考え、「中小企業診断士」の国家資格の取得を決意したのです。しばらく勉強に専念して診断士の試験に合格し、その後、経営コンサルタントとして独立することも考えましたが、ネットワーク渡辺に魅力を感じて入社しました。

入社を志望した理由

ネットワーク渡辺は会計事務所が母体ですが、これから新たに歯科医院向けの経営コンサルティング事業を起こして拡大していくとうかがい、そこに大きな魅力を覚えました。医師の先生方を相手にしたコンサルティングも面白そうでしたし、新規ビジネスの立ち上げから関わって、自分の手で事業を拡大していくのもチャレンジしがいがありそうだと思ったのです。また、代表の渡辺と面接した際、これまでの経歴や実績よりも、たとえば「家族を大切にしているか」など人間性や人生観を問う質問が寄せられ、温かみを感じたこともこちらを選んだ理由のひとつです。

現在の仕事内容

ネットワーク渡辺では、歯科医院のお客様の経営をサポートするコンサルタントを「事務コンシェルジュ」と名づけています。私もその役を担い、日々お客様の問題解決にあたっています。コンサルティング契約を結んだ院長先生と定期的に経営ミーティングを行い、たとえば患者さんに選ばれる医院にするためのマーケティング戦略や、スタッフの方々のモチベーションを高める組織づくりなど、さまざまな観点から施策を提案し、実行に移すところまで関わっています。新たな顧客の開拓にも積極的に取り組み、すでに私がおつきあいしているお客様は10件以上に及んでいます。

この仕事の難しさ

私は中小企業診断士として経営に関するさまざまな知見を備えていますが、理屈だけでは人は動きません。先生方がどうすれば私の提案に対してやる気になっていただけるか、そこにいつも頭を悩ませています。我々が「事務コンシェルジュ」と名乗っているのは、単なるコンサルタントではなく、お客様の中に入り込んで経営管理を担う「事務長」のような役割を果たし、お客様に寄り添っていきたいと考えているから。そうした思いを訴えて『村上の言う通りにしてみよう』という気持ちになっていただき、お客様と一緒に医院をより良く変えていこうと日々努力しています。

やりがいを感じる瞬間

お客様に私の熱意が通じて、問題解決のための提案をお客様とともに実行し、その成果が医院の売上などの数字となって表れた時はやはりうれしいですね。また、先生方とおつきあいを重ねるうちに、たとえば「若い女性スタッフたちとのコミュニケーションに苦労している」とか「医院で雇っている代診ドクターたちの意識が低い」とか、心を開いて本音を話してくださるようになった時も私への信頼を感じられてうれしいですね。そうしてお客様の悩みに直に触れると、「何とか力になって差し上げたい」といっそうモチベーションが上がります。

これからの目標

この経営コンサルティング事業を、巡回監査と並んでネットワーク渡辺の収益の柱にすべく、これから拡大スピードをさらに速めていきたいですね。今後は若手のコンサルタントも育てていきたいと考えています。また個人的には、さまざまなお客様へのコンサルティングで得た知見をもとに、たとえば医院の受付業務を改善するノウハウをパッケージ化するなど、自社サービスで収益を上げるビジネスモデルも確立していきたい。ネットワーク渡辺は新しいことにどんどん取り組んでいこうという気風があるので、これからぜひ実現していきたいと思っています。

入社を志望される方へのメッセージ

ネットワーク渡辺は、若いうちからチャンスが与えられ、やりたいことにチャレンジすることを良しとする文化があります。時には失敗するかもしれませんが、その経験が自分の力になっていく。チャレンジした結果としての失敗であれば、まわりがきちんとフォローしてくれます。私も若いうちは、失敗することを恐れていました。でも人は失敗を積み重ねて成長していくものであり、いま振り返るともっと大胆に失敗しておけばよかったと感じています。ですからみなさんも、ネットワーク渡辺で思う存分失敗して、大きく成長していただきたいと思っています。

1日の仕事の流れ
Schedule of the day

8:20
出社

メールチェックと今日のタスクの確認。

9:00
部内打ち合わせ

新規見込先のA歯科医院の営業状況や、顧問先のB歯科医院への納品状況を部内で共有。

10:00
顧問先への納品準備

B歯科医院との経営ミーティングに係る資料やスタッフ向けの資料を作成。

11:30
同僚とランチ

近くの飲食店で同僚とプライベートやニュースなどの話をしながら昼食。

13:30
顧問先訪問

B歯科医院へ訪問。直近までの診療実績データをもとに問題点と課題を把握、改善手段をご提案します。決定事項を医院スタッフにご説明して、改善に向けた行動がとれるようにフォローも行います。

17:00
帰社、資料作成

A歯科医院への営業資料やB歯科医院様とのミーティング議事録を作成。

19:30
退社

カフェに寄って読書したり、社内の人達と食事に行ったりもします。