キャリアステップ

キャリアモデル

巡回補助者

まず入社された方は全員「新人研修」を受けながら、補助者担当を行っていただきます。「新人研修」では、主に税務・会計の基礎的な知識を身につけていただきます。補助者担当の業務とは、メイン担当者のフォロー業務が主であり、具体的には帳簿監査、決算作業業務、顧客に対する提案資料の作成フォロー等です。これを経験することにより、顧客を担当するとはどういうことかを学んでいただきます。

巡回主担当

入社から1年が経過した方には、約4件の主担当業務を担当していただきます。主担当業務は補助者業務とは異なり、幅広い知識が必要となり最初は大変ですが、当社ではこの時期「主担当研修」を実施し、しっかりとフォローをしていきます。非常に大きなやりがいを感じることができる業務ですので、まずはこれを習得することを目標としてください。
2年目、3年目になると、徐々に主担当が増えていき、3年目の終了時点では、おおよそ15件ほどの主担当を持っていいただく事になります。私たちは基本的に「質の高い業務」というのを意識しており、一人で受け持つ主担当件数も最大で20件ほどで、それ以上は持たせません。しっかりと一人ひとりの顧客に対するサービス提供ができる体制を整えています。

管理職(主任/課長)

5年目以降では管理者として主任に昇進し、課のマネジメント活動にも参画していただきます。人によっては補助者担当をうまく活用して自身の主担当業務をこなしていく形にシフトをしていきます。
さらに経験を積むことにより課長に昇進をしていきます。現在5つの課があり、5課体制となっておりますが、職員数の増加によりポストが増えていくことが見込まれています。
また顧客の担当業務を持ちながら、相続対策業務等を行っていきたい方は相続税委員に所属を希望し、相続対策業務にも携わることができます。

ご自身の特性を活かして、さらに活躍してください。
課長以上からはその人自身の希望にもよりますが、さらに自身のスキルアップに挑んでいくコンサルタント業務や、当社の経営や管理に携わる役員等への昇進をしていきます。

キャリアケース

社員一人ひとりの希望や事情に合わせたキャリアケースもいくつか用意していますので、働きながら一緒にキャリアを考えていきましょう。

CASE1

— 1年目 —
巡回補助者
— 5年目 —
主任
— 10年目 —
課長
— 15年目 —
役員

CASE2

— 1年目 —
巡回補助者
— 5年目 —
巡回主担当
— 10年目 —
結婚・妊娠後巡回補助者・教育者
— 15年目 —
教育責任者

CASE3

— 1年目 —
巡回補助者
— 5年目 —
巡回主担当
— 10年目 —
事務コンシェルジュ
— 15年目 —
役員